TOTAL: 12575 - TODAY: 1 - YESTERDAY: 2 サイトマップ

sinfonia

  1. HOME >
  2. sinfonia
それは雨の日 ざぁーって雨が降って 力尽きた夜
明日の事は何も考えられなくて
さぁーって雲が寄って ひらけた空に
伝えたい言葉 ぽろぽろ零れてゆく

こんなに想ってみても 届くのは一片の声

愛した事より愛する事 今を忘れないで
呆れる位素直なまま 見つめ合ってゆきたい

ざぁーって雨が降って 洗われた空は
明日からの事 きらきら照らしてゆく

こんなに悩んでみても 結ぶのは一片の時

愛した季節は 幾度となく二人を包んで
壊れる位正直なまま その形を変えてゆき
愛した事より愛する事 今を忘れないで
呆れる位素直な夢 語り合ってゆきたい
アシンメトリー夢を追うだけの日々に 愛を犠牲にして
夢を見ることの意味を 愛なしで語る

回るだけのメリーゴーラウンド
ぶら下がる私 奇妙な約束

もう戻れない景色 瞼の裏に
ずっと映したまま
先へ進むだけの時を迎え
頬をぬぐった

愛を追うだけの日々で 夢をただ拡げて
愛を見ることもないまま 夢を放り投げ

甘い言葉だけ 並べ上げて出来るのは
哀れな終止符

もう戻れない二つの影 胸に
ずっと残したまま
先へ進むは一つの色だけ
にじむ面影

頬をぬぐって
scenery哀しみさえも消えてゆくような
色とりどりの光乗せ
途切れることなく波は運ぶよ
反射する昨日までと今日を

大人になると
見えなくなってゆく事が沢山あるでしょう
ここに居ること ここに居たこと 描いてこう

 忘れないように

光の中を舟が進むよ
照り付ける陽射しも糧にして

大人にならないと
見えては来ない事きっと沢山あるでしょう
下を向く日も はしゃぎ過ぎる日も 描いてこう

 思い出せるように

どんな弱さも飲み込まれ解けてく
碧い海 明日も続いて居る
ゆめみるスープ誰かを待つ日は 空が笑ってる
キラキラのラブソング 口ずさんだりして
手作りのスープ 混ぜてゆくの
寒がりの貴方 ぼんやり浮かべて

見る見る内に積もってく
淡い思い出どこか遠く
忘れ物でもして来たかしら
心に風が入り込む前に

スープが冷めるまで待って その時間をそっと埋めて
猫舌の私を 優しく見守っててよ
ピッツァが焼けるまで待って その時間にそっと抱いて
小さな変化を 見逃さないで居てよ

誰かを見送る 朝は笑ってる
ぽかぽかの日ざし 空気を包んで
手作りのスープ 食べて行ってね
寒がりの貴方 守ってくれるように

見る見る内に積もってく
二人の季節どこか遠く
忘れたくない わがままかしら
心のフィルム薄れてく前に

スープが冷めるまで待って その時間にちょっとひとつ
出来上がったディナー 工夫を足してみるの
乾杯の前にちょっと待って その時間にもうひとつ
とびきりのスパイス 一緒に交わして欲しいの
liberation さよならを待っていたの
欠けゆく日々を眺めながら
引き際の優しさは
哀しいだけ 綺麗に溶かそう

繰り返す輪舞曲 かき鳴らすソナタ
永過ぎただけ 惑星廻る時空も越えて

愛しくて愛しくて 胸に込み上げる
悲しさを苦しさを 今解き放って

壊れない傷付かない
グラス目に思い浮かべて
有りったけの愛 集め
全て満たす時を待ってた

はずせない指輪 駆け巡るエチュード
抱き締めただけ 降り積もる想い乗せて

愛しくて愛しくて 貴方追い詰める
苦しさを悲しさを 今解き放って
おかえり当たり前だった故郷の匂いが
この身体の全部を包んだら
知らない間に張り詰めて居た
サボテンのような 心の強張りは消えた

大地に降りて この街の土を踏んだら
蓋をしてた感情が 真っ直ぐに見えて来る

おかえり ただいま 全てを歌に込めて
日々に迷い立ち止まった時
背中を押してくれる強さ
おかえり ただいま 全てこの歌に込めて
声を掛けてくれる仲間が ここに居るから

また進もう、また出掛けよう、また歌おう